タイ古式セラピストとしての想い S/S様 , セラピスト , 日本

私は、未経験で揉みほぐしのセラピストとしてこの世界に飛び込みました。


店の研修を少し受けて直ぐにお客様についた為、骨格や筋肉の知識が、殆どないうえ、自分自身の身体の使い方もわからず自分身体を痛めたり、お客様にご迷惑をかけることも多かったと思います。

これでは、いけないと思い本やDVD、インターネットで沢山の情報を調べましたが、自分が体感しなければ感覚が掴めないと考え、様々なマッサージを受けてきました。

そんな中でタイ古式マッサージに出合いました。

只、押したり揉むだけではなくストレッチを中心とした施術、ゆったりと呼吸を合わせるような流れに感銘を受け、コノマッサージを私もお客様にさせて頂きたいと思い先生の元で教えを受けました。お客様の負担にならない自身の身体の動かし方、術と術が途切れない流れ、何より自分におごることなく常に謙虚な気持ちでお客様の健康のお手伝いをするという事を学びました。

私は、タイ古式マッサージセラピストとして駆け出しでまだまだ、学ばなければいけない事が沢山あり、練習も必要だと思います。だからこそ、この気持ちをずっと、忘れずに怠る事のないように日々を精進していきたいと思っています。